So-net無料ブログ作成
検索選択

世IV虎(よしこ)の凄惨マッチの全貌 [芸能]

 BaBPE3Ff.jpg


スターダムのロッシー小川代表(57)は25日、都内で会見し、22日・後楽園ホール大会での安川悪斗戦で鉄拳、掌底で顔面を攻め、骨折させた世IV虎=よしこ=(21)に対し、無期限出場停止処分を課したと発表した。
世IV虎が保持していたワールド・オブ・スターダム王座もはく奪する。また、世IV虎のTKO勝ちとなっていた試合は無効試合に変更される。安川の診断結果は頬骨、鼻骨、左眼窩(か)底骨折で、両目の網膜しんとう症と発表された。



 過剰な攻撃で安川を病院送りにしたIV虎も黒いスーツで会見に同席し、冒頭で小川代表、風香GM、高橋奈苗、木村響子とともに一礼。
「このたびはけがを負わせてしまった安川悪斗選手、選手の皆さん、プロレス界の皆さん、本当に申し訳ありませんでした」と沈痛な面持ちで謝罪した。



後半に続木く













 風香GMは2人の人間関係が悪化していたことを明かしたが、現在も安川は世IV虎を非難するのでなく、かばっているとした。小川代表は、23日に世IV虎と入院先を見舞い、2人は握手して、世IV虎が安川に謝罪したと明かした。互いに涙を見せていたという。

 席上、風香GMは23日の緊急会議で決定した改善点として、(1)顔面への拳による攻撃は禁止し、1度でもやれば反則負けで試合ストップ(2)本部席にリングドクターを置く(3)人間関係のひずみを大きくする前に宝城カイリを選手会長とし、定期的に選手会を開催して意見交換する、の3点を決めた。また、小川代表、風香GM、最年長の高橋奈苗は3カ月間、30%の減給処分となった。

 世IV虎はスターダムの1期生として11年1月にデビュー。元ヤンキーという経歴でバラエティー番組にも出演し人気者に。160センチ、75キロの体格を生かしたパワー殺法で成長を遂げてトップ選手入り。13年4月には愛川ゆず季の引退試合の相手を務めた。14年8月に紫雷イオからワールド王座を奪取。同12月には赤井沙希との初防衛戦が話題になった。ニックネームは『スターダムの女番長』で、得意技はダイビングセントーン


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。